Preloader image

配送記録の重要性は分かるけど、
トレーサビリティの導入はいろいろ大変.....


そんな企業様には

SMBのトレーサビリティ



端末で識別情報スキャンからスタート
お手持ちの端末に記録をしっかり保存
運送&配達記録の記録・管理を手軽に実現します

トレーサビリティとは.....?

SMBのハンディ
  トレーサビリティ

トレーサビリティ
  情報管理システム

出荷記録や履歴から簡易トレーサビリティを実現するシステムです。
運送業者様をはじめとして、在庫管理・トレーサビリティがご必要な業種の企業様全般にお勧めです。

SMBのトレーサビリティシステム

シンプルな情報記録から、管理システム構築まで
システムのプロフェッショナル SMB がお手伝いします

トレーサビリティの意義

リソースの条件が厳しくなる一方のビジネス環境において、運輸系企業ではリスク回避、コスト削減などの面から重要性は再認識されています。

ハンディ・トレーサビリティ

導入障壁が高いと思われがちなトレーサビリティですが、SMBでは低コスト&省力での記録システムを実現。一年間のしっかりサポートも提供いたします。

出荷記録情報管理システム

記録の次のフェーズは情報の整理と利活用。クラウド対応で、別拠点間の情報共有や管理も円滑に行えるシステムを構築。導入で企業のフェーズも高めましょう。

こんな企業様にオススメ

実際にあったケースに応じてご紹介。
オンマウス&クリックでプランが表示されます。

Team Image

荷物の不着クレーム

配送・指定地点まで配達したのに、
後から不着のクレーム。

配送ポイントごとに情報を記録。
損失や弁済ロスを軽減しましょう。
Team Image

運搬中の荷物の紛失

エンドユーザに届くまでに、荷物紛失。

場合によっては、訴訟に至ることも。
リスク回避のためにもこまめな記録が肝要。
省手間なハンディ端末を活用しましょう。
Team Image

搬入出記録を管理したい

記録だけでなく情報を管理したい....。

増えた情報を整頓し、自在に活用したい。
クラウドにも対応可能なデータベース・システムのアドオン開発で実現可能です。

プラン別の価格体系

ハンディターミナルによる手軽な運用と
本格的な出荷記録システム両プランです

※今ページ内の金額はいずれも税別です
SMBのハンディ
  トレーサビリティ

745,000円〜 (初年度)

サポート費用35,000円/月
お問合せ
  • ハンディ端末で入出荷記録
  • スキャンだけで手軽に記録
  • 記録はパソコンへ転送可能
  • Excel対応の形式で印刷可能
  • DENSO製端末で安心稼働
  • 端末費用は別途となります
ハンディターミナルによる
出荷記録システム

2,980,000円〜(初年度)

サポート費用50,000円/月
お問合せ
  • 膨大な入出荷記録を整理
  • 記録はクラウド管理も可能
  • 抽出した情報の解析も可能
  • 一年間のサポートも費用含
  • サーバ費用60,000円/年〜